肘部管症候群 治療

薬物の投与などの保存療法で症状が改善しない場合は、尺骨神経を圧迫しているバンドの切離やガングリオンの切除をします。神経の緊張が強い場合には、骨を削ったり、神経を前方に移動させる手術を行います。肘の外反変形を手術的になおす場合もあります。

肘部管症候群, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

バンドの切離

肘部管症候群, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

神経の前方移行

肘部管症候群 症状

肘部管症候群 原因・病態

肘部管症候群 診断

肘部管症候群 治療

肘部管症候群

手の外科外来

目次

手の外科の館ホーム