肘部管症候群 症状

麻痺の進行により症状が違います。初期は小指と環指の一部にシビレ感が出現します。麻痺が進行するに伴い、手の筋肉がやせてきたり、小指と環指が変形をおこします。

肘部管症候群, しびれ, やせる, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

かぎ爪指変形

肘部管症候群, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

肘部管症候群とは?
肘で尺骨神経に圧迫や牽引などが加わり生じる神経の障害をいいます。

肘部管症候群 症状

肘部管症候群 原因・病態

肘部管症候群 診断

肘部管症候群 治療

肘部管症候群

手の外科外来

目次

手の外科の館ホーム