上腕骨顆上骨折 合併症

神経や血管が損傷されることがあり、血管損傷の場合は早急に手術が必要です。骨折した部分では骨は内側に捻れやすいため、変形(内反肘)が残ることがあります。

上腕骨顆上骨折, 神経, 血管, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ病院, 我孫子, 柏市, 松戸, 茨城, 日本手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会

上腕骨顆上骨折, 内反肘, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ病院, 我孫子, 柏市, 松戸, 茨城, 日本手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会

上腕骨顆上骨折 症状・診断

上腕骨顆上骨折 原因・病態

上腕骨顆上骨折 治療

上腕骨顆上骨折 合併症

上腕骨顆上骨折

手の外科外来

目次

手の外科の館ホーム