舟状骨骨折 治療

舟状骨骨折は血行が悪いため、非常になおりにくい骨折の一つです。受傷直後に診断が付いた場合、ギプス固定でなおすこともあります。この固定が長期に及ぶことも多いため、最近では特殊ネジによる固定をおこなって治療期間を短縮することも積極的に行われています。また偽関節になったものでは、放置すると手首全体がわるくなってくることが多いため、手術が必要です。専門医(手の外科医)の受診を勧めます。

舟状骨骨折, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

ギプス固定

舟状骨骨折, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

ネジによる固定

舟状骨骨折 症状

舟状骨骨折 原因・病態

舟状骨骨折 診断

舟状骨骨折 治療

舟状骨骨折

手の外科外来

目次

手の外科の館ホーム