テニス肘(上腕骨外側上顆炎) 治療

保存療法:最初に行う治療です。
1.手首や指のストレッチをこまめに行います。
2.スポーツや手を使う作業をひかえ、湿布や外用薬を使用します。多くの場合、これで数ヶ月以内に痛みが軽くなります。
3.局麻剤入りステロイド注射を行います。
4.テニス肘用バンドを装着します。(使用方法は医師にご相談ください。)

手術療法:保存療法で治らない時などに行います。筋膜切開術、切除術、前進術等があります。

テニス肘, 上腕骨外側上顆炎, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

注射法

テニス肘, 上腕骨外側上顆炎, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

テニス肘用バンド

テニス肘(上腕骨外側上顆炎) 症状

テニス肘(上腕骨外側上顆炎) 原因・病態

テニス肘(上腕骨外側上顆炎) 診断

テニス肘(上腕骨外側上顆炎) 治療

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

手の外科外来

目次

手の外科の館ホーム