テニス肘(上腕骨外側上顆炎) 原因・病態

中年以降のテニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれていますが、一般的には年齢とともに腱が痛んで発症します。病態については十分わかっていませんが、手関節の中で、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側部で障害されることが原因と考えられています。

テニス肘, 上腕骨外側上顆炎, 長橈側手根伸筋, 短橈側手根伸筋, 総指伸筋, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

@長橈側手根伸筋:手首(手関節)を伸ばす働きをします。
A短橈側手根伸筋:同様に手首を伸ばす働きをします。
B総指伸筋:指を伸ばす働きをします。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎) 症状

テニス肘(上腕骨外側上顆炎) 原因・病態

テニス肘(上腕骨外側上顆炎) 診断

テニス肘(上腕骨外側上顆炎) 治療

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

手の外科外来

目次

手の外科の館ホーム