橈骨遠位端骨折 治療

骨折のずれは手を引っ張ったりなどして、もとの形近くに戻し(徒手整復)、ギプスで固定します。ギプス固定中であっても手指はつとめて動かすようにします。
ギプス固定をしてもまたずれてしまうような場合には、手術療法が必要なこともあります。
骨折部の転位が大きかったり、粉砕の強い場合には、最初から手術的に整復固定した方がよいことがあります。

橈骨遠位端骨折, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

ギプス固定

橈骨遠位端骨折, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

プレート固定

橈骨遠位端骨折 症状

橈骨遠位端骨折 原因・病態

橈骨遠位端骨折 診断

橈骨遠位端骨折 治療

橈骨遠位端骨折

手の外科外来

目次

手の外科の館ホーム