ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎) 治療 @保存的治療

最初に行う治療です。次のような方法が主なものです。

ドケルバン病, 狭窄性腱鞘炎, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

(1)局所の安静で刺激を少なくしましょう。湿布をしたり、装具を当てて固定することもあります。

ドケルバン病, 狭窄性腱鞘炎, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

(2)腱鞘内に局麻剤入りステロイドを注射して、炎症、痛み、腫れを抑えます。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎) 症状

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎) 原因

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎) 病態

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎) 診断

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎) 治療 @保存療法

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎) 治療 A手術療法

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

手の外科外来

目次

手の外科の館ホーム