ヘバーデン結節 治療

@保存療法:最初に行う治療です。薬物療法、局所のテーピングなどがあります。
A手術療法:保存療法で痛みがとれなかったり、変形がひどくなり日常生活に困るようなときに行います。関節固定術、関節形成術があります。

ヘバーデン結節, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

ピンニングによる関節固定術

ヘバーデン結節 症状 その1

ヘバーデン結節 症状 その2

ヘバーデン結節 原因・病態

ヘバーデン結節 診断

ヘバーデン結節 治療

ヘバーデン結節

手の外科外来

目次

手の外科の館ホーム