デュピュイトラン拘縮 治療

指の変形で日常生活に支障をきたすようになると、皮膚の突っ張りをとる手術(腱膜切除)を行います。手術後には後療法(リハビリ、装具療法)が大切です。

デュピュイトラン拘縮, 手外科, 手の外科, 名戸ヶ谷病院, 手外科センター, 手の外科シリーズ, 名戸ヶ谷, あびこ, 名戸ヶ谷あびこ, 我孫子, 柏市, 名医, 評判, 専門医, 手の外科学会, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会, 整形外科

皮膚切開の1例(ジグザグ皮切)

デュピュイトラン拘縮 症状

デュピュイトラン拘縮 原因・病態

デュピュイトラン拘縮 診断

デュピュイトラン拘縮 治療

デュピュイトラン拘縮

手の外科外来

目次

手の外科の館ホーム